ノーリフティングケアへの一歩

3月13日に社内勉強会を開催しました。
ノーリフティングケアとは、オーストラリアで提唱されたもので介護・看護者の腰痛対策として、
押す・引く・持ち上げるなどの動作を人力で行わないという考え方です。

今回はその第一歩として腰への負担を軽減する介護用品について学びました。
実際に体験したスタッフからは

「ほとんど力を入れなくてもよかった。」
「利用者さんにとっても、介護者にとっても負担が少ないのがいい。」

などの声のほか、実際にその日体験した介護用品を利用して介護サービスを行いたい利用者さんの顔が浮かんでいるような場面もありました。
やさしい手秋田では在宅におけるノーリフティングケア導入を目指していきます。

実際に用具を体験